Menu

よくあるご質問

Home

よくあるご質問

飲食店開業

Q. 事業計画書作成の相談はどのタイミングで行えばよいですか?

物件の契約前や未だ計画段階の時期でも喜んでご相談に乗らせていただきます。
むしろ事業計画書を作成するには市場調査やヒアリングなどある程度の時間が必要になってくるため、ご相談していただく時期は早ければ早い方が良いと考えておりますのでお気軽にご相談ください!

Q. 深夜にお酒を提供する場合、深夜酒類提供飲食店営業開始届は必要ですか?

主食として食事の提供に付随する形でのお酒(酒類)の提供でしたら深夜酒類提供飲食店営業開始届の届出は不要です。
必要になるのは居酒屋やバー等のお店となります。
どこまでが主食に当たるかは最終的には所轄の警察署の判断になってきます。

Q. 飲食店営業許可は申請から許可書交付まで、どのくらいかかりますか?

特に問題がなければ、申請書の提出から約1~2週間です。
ただし必要書類や施設要件がしっかり満たされたうえでの期間です。

Q. 融資申請後どれくらいで融資が実行されますか?

申請先にもよりますが、日本政策金融公庫の場合ですと面接日から約二週間から一カ月後に融資が実行されます。
融資が実行されるまでにはある程度の時間がかかるためスケジュール管理が重要となってきます。

美容室開業

Q. 開業予定のどのくらい前から相談することができますか?

何か月前から、という制限はありません。むしろ事業計画や資金計画などは早い方がよいので、時期にとらわれずお気軽にご相談下さい!
店舗が未だ決定していない場合でも美容室の物件を多く扱う不動産業者様や内装業者のご紹介等もさせていただいております。

Q. 開業資金はいくら必要なの?

お店を借りる敷金、礼金、設計施工費、器機費、広告費、そして給料と当面の生活費が必要です。開業するサロンの大きさ、場所により大きく異なりますので、まず、専門家に相談することをお勧めします。また、自分の夢を実現するためにどれくらい資金がかかるのか早い段階で知っておくことが重要です。