Menu

美容室開業

Home

美容室開業

美容室開業トータルサポート

美容室開業に必要な準備

収支計画作成

弊所では美容室の開業をお考えの方のサポートを行っております。
美容室の開業は多額の設備資金が必要になってくることから自己資金のみで開業する方は少なく、多くの方は自己資金に加え日本政策金融公庫からのお借入をされる方がほとんどです。
美容室開業には物件の契約、内装工事、設備等の問題など準備することが様々ではありますが、特に施設に対して保健所での施設基準が細かく規定されており、物件の契約前や内装工事をお考えの前には必ず保健所への事前相談が必要です。
その結果、席数の制限などが浮き彫りになっていくことが多くみられます。
美容室開業をお考えの方にとって店舗の立地は特に重要であることから「事業計画に合わせた店舗選び」よりも「店舗に合わせた事業計画書の策定」が必要になってくると考えています。
弊所では創業融資を受けるための現実的な事業計画書の作成から保健所での事前相談、実務面を考慮した内装デザインについてもご提案しております。
是非お気軽にご相談ください。些細なご相談でも喜んでご対応致します!

資金調達に必要なもの

創業計画書

売上計画書

人員計画書

収支計画書

資金計画書

開業資金

開業資金

開業資金を全額、自己資金で賄う方は少ないです。3割程度を自己資金で準備し、残りは借り入れるケースが一般的です。美容室開業の場合、一番多く利用されているのが「日本政策金融公庫(国金)」です。
個人で開業する場合、あくまで目安となりますが、自己資金(目安は1/3)がないと借り入れることができない場合がございますので、前もって開業資金も必要となります。

事業主様のこれまでの経歴や収益がしっかりと見込める事業計画を作成していくことで融資要件にも影響してきます。
まずはお気軽に木村行政書士事務所にお問い合わせ下さい。しっかりヒアリングさせていただき、ご対応いたします。

まずはご相談

どこから資金を調達するにしても、必ずといってよい程、事業計画書の提出を求められます。
融資が下りない場合は、あなたの事業計画に客観性が小さい、という見方もできてしまい,再度の融資申込みにはある程度の期間が必要になります。
客観的なデータをもとに第三者が見ても納得できる事業計画書になっていることが重要ですのでお客様の事業計画が実現可能なものかどうかを弊所でヒアリングすることによりご自身の計画を客観的に見直し確認していただくためにも是非一度お気軽にご相談くださいませ!